良い歯医者を見つけておこう

>

親知らずを治療しよう

最初にすることとは

親知らずの状態をしっかり確認しないと、抜くことができません。
レントゲンを撮るのが、普通の治療になります。
時々詳しく調べないで、いきなり親知らずを抜こうとする歯科医が見られます。
それは正しい治療法とは言えません。
すぐに親知らずを抜こうとする歯科医だったら、怪しいので診察を断ってください。
レントゲンで、抜いた方が良いのか、それとそのまま放っておいても良いのかわかります。

生え方に特に異常が見られない場合は、そのまま放っておきます。
もし虫歯などが原因で痛みを感じている場合は、その部分を削ります。
しかし変に親知らずが生えている場合は、抜かなければいけません。
知識を持っている歯科医なら、的確に判断してくれます。

歯科医から説明を聞こう

親知らずのレントゲンを撮影したら、それを見ながら説明します。
これからどのような知治療が進められていくのか口頭で聞くだけでは、理解できないと思います。
それでは、不安が残ってしまいますよね。
生え方に問題があって親知らずを抜く場合は、治療に必要な時間や費用を説明されます。

今回はそれほど高額にならないと思って、少ない所持金で歯医者を訪れた人がいると思います。
歯を抜くことになると、価格が高くなるので大体の費用を聞いておきましょう。
また親知らずを抜くことで、顎に影響を与えることがあります。
顎は歯医者で歯診察をできないので、提携している口腔外科を紹介してもらいましょう。
説明を聞く時に、口腔外科を紹介してくれます。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ